Humanity

Languages

[コミュニティーニュース] Vol.2 累計ダウンロード数100万本突破! HUMANITY コミュニティ・ストリーム配信中

皆さん、こんにちは! コミュニティニュースVol. 2へようこそ。早速ですが、嬉しいお知らせです。『HUMANITY』はPS5、PS4、Steamでの累計ダウンロード数が100万本を達成しました!

この場をお借りして、HUMANITYを楽しんでくださっている皆様に感謝申し上げます!これからも『HUMANITY』をぜひお友達に広めてください!Discordコミュニティにもぜひご参加くださいね。

 

HUMANITY コミュニティ・ストリーム振り返り

エンハンス TwitchチャンネルYouTubeチャンネルで配信しているコミュニティ・ストリームはご覧になったことはあるでしょうか? 私達がこれまで配信したコミュニティ・ストリームは下記よりご覧いただけます。

先日は、OliとJoeがホストを務めるポッドキャストチャンネル「The Bonus Points」をゲストに迎え、彼らのYouTubeチャンネルとポッドキャスト、そして『HUMANITY』についてのエピソードをお贈りしました。彼らが作成したオリジナルステージをプレイし、さらに一緒にSTAGE CREATORでは新しいステージ「coin-pusher」を創り上げています。このステージはUSER STAGESにアクセスして実際にプレイしていただけます。ぜひ感想をお寄せください!

The Bonus Pointsのホスト、OliとJoeが手がけたステージから3つご紹介します:

REGROW, STAGE ID: 121-561-3978

FETCH, STAGE ID: 145-788-1455

ONE BLOCK WIDE, STAGE ID: 058-417-2969

HUMANITY Hubのコミュニティ・ストリームは毎週木曜日(日本時間)に生放送でお届けしています。公式X(@HumanityGame、またはPlayStationやSteamのニュースから、ライブ配信の日時をご確認ください。

 

人々の流れをパズルに利用する

『HUMANITY』では人々がゲートから絶え間なく出現します。これらの大群を上手く利用したり、やり過ごす(利用せずにただ垂れ流しにする)ことは、状況によっては厄介です。ここでは、このような不安定な状況下でのプレイ方法のポイントをいくつか紹介します。

例えば、人間スイッチを作動させたまま、別の場所に人間を移動させなければならないとします。スイッチ上で人を輪のように移動させるルートを作ることで、スイッチを確実に作動させ続けることができます。ですが、人がルートの中に流れ込めば流れ込むほど、その輪は混雑し人が溢れ、四方八方に人が散らばってしまう可能性が高くなるため、(意図的でない限り)注意してください。

円のルートを描くスペースがない場合は、前後に歩かせてみましょう。しかし、人間同士がぶつかり合うと、それが少人数であってもランダムに道から外れてしまうので、この方法は円のルートを描くよりは安定性が低くなります。

また、押せるブロックを、交差する人間の間で動かしてしまうことで、一種のスタック状態になってしまうことがあります。その場合は、5~10人を流れから離し、一時的にステージの端に追いやれば、十分な移動・作業スペースが確保できます。

押せるブロックを押すには、少なくとも5人が必要です。sequence2「THE WALL」のように、スペースが限られていて、押せるブロックの位置調整が難しいステージでは特に便利に使えるでしょう。

 

今回のHUMANITYコミュニティニュースは以上です!毎週水曜日のHUMANITY Hub コミュニティ・ストリームの視聴、Discordへの参加、X(Twitter)のフォロー、YouTubeチャンネルへの登録もお忘れなく。このニュースレターをEメールで受け取るには、こちらから登録をお願いします。

次回のHUMANITYコミュニティ・ニュースをお楽しみに!